仕切仙台




  • 仕切仙台

  • 仕切仙台

  • 仕切仙台

  • 仕切仙台




仕切仙台

通常よりやや厚地のオーソドックスな縞模様。
等間隔に織られた縞と縞との間に、8cm間隔で仕切の太縞が織られています。
糸がしっかりと打ち込まれた丈夫な生地です。

備後節織は日本三大絣の一つでもある備後絣から派生した風合い豊な広幅織物です。
すべて先染め(糸染め)で藍染や草木染、墨染の天然染料を使用し、職人の手によって染められています。

現在でも旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に作られていて、1日に最大でも30m程しか織ることができません。
その為、決して大量生産のできない非常に貴重な素材です。

Shikiri- Sendai (sendai boundaries)
It is slightly heavier weighted than the orthodox stripes and woven with
an 8cm partition between the equal intervals of the bold stripes.
The threads are implanted firmly into the durable fabric.

生地巾100cm

生地の厚さ中厚

織元橘高兄弟商会

洗濯方法染色の特性上摩擦・水により多少色落ちしますので、他の物と一緒に洗わないでください。
形を整えて干してください。

10cm単位での販売となります。
型番 shikirisendai
仕切仙台(10cm)346円
SOLD OUT